京都ごはん編

さて、お昼ご飯
ちょっと奮発して、前から行きたかった下鴨茶寮へ


お庭が見える個室でゆったりと

部屋からの庭の眺め




禄膳

セッチングされた下鴨茶寮のナプキン
セッティングされたナプキン


先附の炙り海老、海老芋、焼椎茸、利休餡掛け
先附  炙り海老 海老芋 焼椎茸 利休餡掛け


八寸の壬生菜と松茸煮浸し、鮟肝酢味噌掛け、赤蕪寿司、胡桃と林檎白和え、雲子磯部揚げ、厚焼玉子
八寸  壬生菜と松茸煮浸し 鮟肝酢味噌掛け 赤蕪寿司 胡桃と林檎白和え 雲子磯部揚げ 厚焼玉子


椀物の萩真丈、松茸
椀物  萩真丈 松茸


造里の鰤、鮪、文甲烏賊
造里  鰤 鮪 文甲烏賊


焼物の甘鯛柚庵焼
焼物  甘鯛柚庵焼
 

鉢の南禅寺蒸し
鉢  南禅寺蒸し


合肴の和牛すきしゃぶ、舞茸、九条葱
合肴  和牛すきしゃぶ 舞茸 九条葱


食事の帆立、なめ茸、釜炊御飯、香物、止椀
食事  帆立 なめ茸 釜炊御飯 香物 止椀


御釜の御飯
御飯のお釜


甘味の柿、きなこプリン
甘味  柿 きなこプリン


お抹茶と林檎羊羹
甘味  御抹茶 林檎羊羹



二時間半のお食事
ゆっくりのんびり
お料理を堪能し、器を愛でて
しばし、日常から解き放たれて
至福の時間を味わう






駅ビルで下鴨茶寮のお弁当はよく買っていた
娘も好きなお弁当



娘と行きたかった料亭














お東さんとお西さん

妹と京都へ
圧迫骨折して以来、お東さん参りの時は妹に車椅子に乗せてもらっていた
今日は、自分の足で歩いて御影堂と阿弥陀堂をお参りした

ハルと一緒の時は、気軽に京都に行っていた
今は一人では難儀で、気持ちも進まないし、気力もないままで
妹頼み

父のお西さんへも行ってきた
娘と一緒にお参りして以来だったけど、お東さんと同様に改修工事も済み、綺麗になっていた
先日の台風で阿弥陀堂前の大銀杏の木がぽっきり折れていた

多分、娘が大学生の時
お東さんからお西さんまで歩き、お西さんから四条河原町までバスに乗り、河原町を歩き、京都高島屋へ行き、ヴィトンのスピーディーのバックを買った
そんなことを思い出していた



あの頃は、ちゃんと歩けていたっけね
あの頃には、今のことなんぞ何ひとつ想像すらできなかったよね




京都には、娘との思い出がいっぱいあって








気付けば

最近は、週に一度外に出られれば、という生活をしている
通院か買い物に
桜がいつの間にかすっかり葉桜に
花吹雪も見ていないなぁ

いつも犀川の桜並木と娘のアパート近くの桜並木だけは見ていた
今年は見ていない


少し膨らんでいろづいてきたさくらんぼ

さくらんぼの木に鳥が来るようになって、色づいていることを知る
そうなんだ、玄関からさえ出ない日々


少し色づいたたくさんのさくらんぼ




よく娘の夢を見るようになった
実に生々しい光景の夢
娘とああだこうだと言いながら
ありふれた日常の夢


カサブランカに癒されて

咲き誇るカサブランカ


お供えにいただいたカサブランカ

一か月近く咲き続けて

薫りを漂わせてくれた

夜中にふとカサブランカの薫が漂ってくる
私には、癒しのひと時に
すぅ~と心が安らいでいく


娘には言ってあるのだが、私の棺にはカサブランカだけでいい




今年の桜

ちゃんと咲いてくれたね
今年は、ちょっと遅くて
今年は、ミツバチがたくさんやってきてて


いっぱい咲いている我が家の桜


ミツバチと桜


あっちにもこっちにもミツバチが
サクランボのジャム、作れるかな?



つらなった桜の花



青空とミツバチと桜




プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード