8回目の月命日

娘のお友達が揃ってお参りに来てくださいました。
東京のお友達は、電話をくださいました。
いつもながらお心遣いがとてもありがたく、私には何にも代えがたい思いです。

今月9日は、娘の30歳の誕生日。
お友達からお花とケーキを頂き、ローソク30本つけてお祝いです。

ぷーさんの乗ったアイスクリームケーキ、ローソク30本




もっともっといろんな事がしたかった 

もっともっと楽しい事がしたかった 

もっともっといっぱい勉強したかった 

もっともっと無限に未来は広がっていた 



ごめん




誕生祝いに頂いたオレンジのアレンジとお供えのアレンジ

誕生日祝いのオレンジ色のアレンジフラワー
お供えのアレンジフラワー

お友達に教えてもらったぷーさんの午後Tea
ぷーさんがいっぱい

ハルとお姉ちゃんが居るお座敷

そして、ハルもお座敷に陣取って、いつもお姉ちゃんと一緒にいる。





早春のあの日から季節は巡り、また寒い日々になろうとしている

私は最近、少し外に出ようとしている

少しだけ気持ちを奮い立たせて、外に居る

その背中を押してくれているのは、娘




Comment

No title

命日って亡くなった人や動物たちの為ではなく、現在生きている人の為にあるのかも知れませんね

俊樹さんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。

そうですね~。
残された者がどう受け入れていくか、その為のものかもしれませんね。
非公開コメント

プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード