ハルの二七日

2000年3月7日
生後1ヶ月半のハルが我家にやって来ました。
ふてぶてしい位の面構え、おどおどする様子もなく、甘える様子もなく、

我が家へやってきた生後1ヶ月半のハル


我が家へやってきて1週間後のハル
我が家へやってきて1週間後のハル
すっかり家族です。





ハルは、あっけなく旅立って逝ってしまった。

でも 大好きなお姉ちゃんのところへ行ったんだと思えるようになってきて、少し気持ちが楽になった。



ハルは、その時に、私の悲しみも一緒に持って旅立って逝ったような気がする。

やんちゃで自分が一番で、人に媚びず、
なのに、最後は自分で決めて、かあしゃんの悲しみまで持って逝ったなんて


ハル、あんた、男前すぎるやろ!!!


ハル、かあしゃんは一人で大丈夫なの?


ハルがそう思ったのなら、かあしゃんも頑張らなあかんね。


ハル、ありがとう。





3月にお姉ちゃんを亡くしてから、私の体調がずっと悪く、出かける日も少なくなって、一日中ベットで寝ている日が多かった。
それでもずっと傍にいてくれて、時々は出かける催促もしてたけど、それでも一緒に居てくれた。

もっとハルちゃん号でお出かけしたかったね。
ごめんね。



Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

晋作はいつもそばにいてくれています。わたしが晋作から離れられないのでいつもいてくれます。haLくんもそばにいてくれてますよね。
haLくんとおじょうさんのかあしゃんだけど、わたしもかあしゃんのことがだいすきです。

No title

かあしゃん、なんと言葉をかけていいのかわからないのですが、日々が過ぎる中でますます悲しみや寂しさが募っているのではないかと思っていました。
ハル君は娘さんの所へ行ったのですね。とても立派なすばらしいワンちゃんですね。
私は自分が少しウツであると自覚しています。悲しみに対応できないのです。
それで何も慰めになることも言えないのですが、どうぞゆるやかにご自分をケアして、いたわって、なぐさめて、生かしてあげてくださいませ。
たくさんのケアが必要だと思います。

ハル君は表情豊かでしたね。怒ってる顔とか、好奇心のある顔とか、誇らしげな顔とか元気のある顔、利発な顔…私は河原を走ってる姿が印象に残っています。
かあしゃんの写真の腕もよくて、とても楽しませていただきました、ありがとうございました。

この記事に鍵コメを頂いた皆さまへ

ありがとうございます。
落ち込んで葛藤の日々です。
でもいつも傍にいてくれるから頑張らなきゃと思います。
みなさんの暖かいメッセージに感謝です。

まりもさんへ

そうですね、きっと傍にいますよね。
晋作君は、いつもいつもちゃんとまりもさんを守っていますよ。
晋作君は、ちゃんとまりもさんの気持ちを分かっていますよ。
まりもさん、ありがとうございます。

pyonjiさんへ

ありがとうございます。

ハルを書いて下さってありがとうございました。
大事にしています。
pyonjiさんの書かれるハルの表情は素敵でした。

この12年は、ハル中心の毎日でした。
ハルが居たからこそ、車で遠出も出来たし、娘が一人暮らしで我が家に居ない寂しさも乗り越えてこられたんだと思います。

でもやっぱり寂しいです。
いつも一緒だったから、一人でいるのは辛いです。
どうしようもなく考えてしまいます。
いっそ、自分が壊れてしまえば楽になれると考えたりします。
でも抱えていかなきゃならないです。

pyonjiさんもお体お大事になさってくださいね。
非公開コメント

プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード