四回目の立ち日

今月の立ち日は水曜日なので、1日の日曜日に娘の親友たちがお参りにきてくださいました。
本当にいつもいつも気にかけていただいて、私を気遣ってくださって、ありがたい思いでいっぱいです。

娘が生きた証、
彼女達の中に生き続けている。

私の他に、ちゃんと娘の事を見ていてくれる友がいる。
嬉しくて。



そして、今日、東京から声を届けてくださったお友達。
その優しさと暖かいお心遣いに涙が出てしまう。

そして、いつものようにお花を届けてくださった親友。
2~3日前にもハルが逝ったことを知って、お参りに来て下さって一緒に泣いてくれた。

まだ娘が居た頃、彼女がピンポ~ンって玄関の中へ。
井の一番にお迎えに出たのは、ハル。
その距離1メートル程。
娘も私も最悪の事を思い、頭真っ白!

もう一回は、娘のお通夜の前日。
座敷で彼女が座って手伝いをしていてくれた時。
ハルが座敷へ乱入!
とにかく彼女に動かないでじっとしててと言い、
騒がず、ハルを座敷から外へ出すことに集中し、
ハルは、彼女の周りをぐるっと回って、私について外へ出た。
彼女とハルの距離は50センチもなかった。

どちらもなぜか、何事もなく収拾した。
摩訶不思議なことだった。




Comment

非公開コメント

プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード