山内ホスピタル療養相談会

リウマチ友の会岐阜県支部の春の療養相談会、山内ホスピタルでの開催。


橋本孝治先生「リウマチの最新治療について」
分かりやすかったけど、ざっと流れて行く内容。
生物学的製剤の選び方や早期治療の大切さ、よく聞く内容ばかり。
もう少し絞った内容だといいなと思った次第です。

吉井秀仁理学療法士(リハビリテーション科主任)「運動療法について」
痛い関節を動かさなくても筋力をアップする運動を説明された。


廣瀬弘美栄養士(栄養科主任)「リウマチ患者さんの栄養について」
特にリウマチさんに限らず一般向きのお話し。
自分のてのひらの大きさが材料の目安になる事を知った。
タバコはダメ。適度な飲酒。腹八分目。   


日比野光男先生(整形外科部長)「日常生活における工夫と注意」
自助具をうまく使用して、自分のQOLを高める工夫をする。

その後、質疑応答。
「生物学的製剤が高いということはよく聞くが、具体的に医療費の確定申告でどのくらい戻ってくるのか、ということがさっぱり分からない」と質問があった。

確定申告よりもその前に高額医療費を利用する方が良いのではと思ったが…
いろんな病院では、医療費について相談できる所があると思うんだけど、そういう所を利用して、自分のシュミレーションをしたらいいのに…と思ったのは私だけかな。
先生が答えていらっしゃったので余計な口は挟まなかった。


山内ホスピタルでは、トータルでリウマチをケアしていると言われた。
私はこの病院の相談会に参加するのは初めて。
ここの先生方のお話しを聞くのも初めて。


病院の相談会に行くと、お茶やらお菓子やらを病院側の好意でだしていただけることがある。
今日は、お茶とフランボワーズの焼きドーナツ1箱(3個入り)をいただいて、びっくり。
2年ぶりの相談会だったので気合十分だったかも…


Comment

非公開コメント

プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード