クレヨン詩人 闘病6歳少女と家族の絆

24時間テレビ、生きるということを改めて考えさせられる。

6歳のクレヨン詩人の女の子を黒木瞳さんが訪ねていた。
クレヨンで描かれている詩。
6歳の子供の文字が、言葉があった。
子供の感性が、言葉が、私の胸に刺さる。

6歳で亡くした長女のことが浮かぶ。
子供なんだけど、心は大人。

大人の考えていることの数段上のことを感じ取っている。
するどく、的確に、感じ取っている。

一番辛いのに、一番苦しいのに、それなのに・・・

病気になる子は、何か違った感性を持っているのだろうか・・・

おかあさんがずっとずっと守っているつもりだったのに、本当は守ってもらっていたんだよね。
いっぱい人生を教えてくれたんだよね。




6歳のクレヨン詩人の彼女には、元気になってほしい。
生きてほしい。










そして、今、静かに病気と向き合っている友のことを思う。
穏やかに時間が流れていくように。
穏やかに。




テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Comment

笑顔

はじめまして。 
昨日の24時間テレビで見た クレヨン詩人の女の子の笑顔が ずっと心の中でふわふわしていて朝の片付けもせずに パソコンに向かっていました。
ひまわりの花が好き お母さんが大好き と言っていましたね。
最近は 更年期突入のためか いろいろ考え事が多いです。(笑)

娘さんのパソコンは結局無料修理だったのですよね。パソコンとゲーム機では違いますが
10年も位前 任天堂さんのハードは保障期間を二ヶ月近く過ぎてても無料でしたよ。
おっ見込みのある企業だなと思っていました。

かあしゃんさんのお宅には ワンコがいるのですね。
ウチはニャンコがおります。野良の成猫さんを家に入れて三ヶ月目でまだ日々お互いに奮闘中です。

又寄らせて下さい。

お願いだから

そんなにお利口でいないで
お願いだから
そんなに優しい子にならないで
お願いだから
我慢強くならないで
お願いだから…お願いだから、お願いだから

病を得てしまったこの感性の素晴らしさには、普通の大人では太刀打ちできない。
抱きしめているはずなのが、抱きしめられている…。

病と向き合う姿勢は、大人よりも崇高です。
私もそうありたいと願いながら、きっとジタバタするんでしょうね。

りこさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
こんな拙いブログですが、どうぞ宜しくお願いします。

徳島の遥ちゃん、本当に笑顔が可愛かったですね。
あの笑顔がずっとずっと輝いていることを願っています。

さすが、任天堂!
企業努力ですね。
保証期間が、1日過ぎただけでもNOという企業には、何の魅力も感じません。
高価な買い物した消費者を大事にしてほしいと思います。

我が家には、おっさんわんこがいます。
やんちゃすぎるわがままワンコです。
野良ニャンコさんも、りこさんのご家族になってよかったですね。
安住の安らぎをきっと感じてくれていると思います。
ニャンコと楽しい毎日をお過ごしくださいね。
ありがとうございました。

ワンコのかあさんへ

かあさま、遥ちゃんを見ていて、辛かったです。
うちもいつもいつも妹のことを気遣っていました。
病院と家と離れていても、いつも妹のことを口にしていました。
わが身をどんな風に思っていたんだろうか、遥ちゃんを通して、気付かされたような気がしました。

残された私たちは、あの子に恥じないような生き方をしていかなければと思いました。
反省です。

非公開コメント

プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード