母の入院

実家の母が一週間ほど入院し、本日、退院した。
でも当分安静が必要なので、寝ている。

実家は、我が家の隣。
私は妹と二人姉妹。

2月2日、ふらついて起き上がれないと母からSOS。
普段から高血圧で薬を飲んでいる。
近所のかかりつけの病院へ行き、常用している高血圧の薬を増やしてもらった。
血圧190ほど。
この日は、それで治まった。

2月3日、ふらふらするものの、血圧安定、普通に歩いたり食べたりできた。

2月4日、また起きられないと連絡がきた。
あいにく、同居の妹はどうしても外せない仕事があって・・・
私も予定があって、まさに出かけようとしていた時だった。

母は、76歳になる。
普段から大げさに騒ぐ人で、我慢するということができない。
そんなに大したことではなかろうと軽く思った私は、母の妹に夕方まで看ててくれるように頼んだ。

午前中にかかりつけの医者に往診に来てもらい、注射してもらった。
午後4時、私が帰宅した時も、一旦は下がった血圧がまた上がっていて、母もひどく辛そうだった。
往診に来てもらった病院は、午後休診日。

母は、血圧の高さに、ふらついて一人でトイレにも行けない状態。
寝ていてもふわふわして、体が支えられないようすだったらしい。
頭も痛いというし、気持ち悪いとも言う。

血管でも切れたら大変なことになるし、このまま様子見るのも怖かったので、昨年、私が石の時にかかった大きな病院の救急へ連れていった。

このおおきな病院の救急は、救急であっても2時間待ちは当たり前。
車椅子に座ってるだけでもえらくて仕方ないという母。

こういう時は、私くらいのオバハンになると強くなれるのだ。
救急の診察のドアから勝手に入っていき、看護師さんを捕まえて、事情を訴えたのだ。
そしたら、すぐに診察開始。

パソコンをかちゃかちゃ打ちながら話を聞く若い先生にあれこれ状態の説明をし、検査をし、その挙句、薬を変えてみるからお家で飲んで様子見てと言う。
はぁ~?
ひとりでトイレにも行けないっちゅうの。
動けば吐き気が止まらなくなるっちゅうの。
その上、明日の朝一番でMRIをとりますので、朝一で病院へ来いっていうの。
あのう、今、夜の9時すぎなんですけど・・・
それで明日の朝一ですか~?
こんなにつらい状態なのに、また車に揺られて帰れってか?

入院希望しましたが、こんなんでは入院なんてできませんという先生。
リウマチ障害者なので、こんな状態の母を家に連れて帰ってもトイレさえ連れていけません。
入院させてください。MRIが終わるまででもいいんです。とりあえず今日のとこは入院させてください。
と言ってみた。

しばらく救急の処置室で寝ていた母のところへ先生がきて、僕一人では判断できないので、別の先生の診察を受けて、その先生と相談の上決めますと言われた。

で、やってきたのが帰りかけてた脳神経内科の先生。
実は、母の母も脳梗塞、母の妹も小脳出血で倒れてまして、遺伝的にもそういう要素があったのですよ。
ふらふら体が倒れそうになるのも、頭が痛いのも、そっちの心配があるとのこと。
即、入院となりました。


(続きは後日アップします)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Comment

非公開コメント

プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード