大阪府の決定・ブルセラ病感染陽性犬



陽性犬の処分が大阪府から下記の内容で発表されました。


和泉市内の動物取扱業者が経営破綻し、その飼育犬の一部がブルセラ病に感染していたことから、「大阪府ブルセラ病感染犬等救援本部」を設置し、その対策を協議してまいりました。
過日の救援本部会議において、ブルセラ病は治療しても再発の可能性が高く、感染拡大が否定できないことから、苦渋の判断として陽性犬を安楽死させる方針を決定したところであります。
ついては、この方針に基づき陽性犬103頭(2月26日現在)を、下記のとおり獣医師による安楽死措置を行います。
なお、現在の陰性犬については、再度検査の上、陰性が確認された犬について譲渡をすすめてまいります。

                   記

(1)日  時  平成19年2月27日(火) 午前7時~午後3時(作業実施予定時間)

(2)場  所  和泉市小野町地内




またたび獣医師団 大阪ブルせラ犬Brucella canis救命チーム発足!HPより転記。

大阪府報道発表資料で確認。


*********************************************************************

下記はアークエンジェルズのずばりひと言より転記。




本日、ブルセラ現場に行き、山口獣医師、衆議院議員 藤野真紀子、府会議員 高辻男、和泉市会議員 小林昌子、大阪市会議員 城谷たけお代理ら先生方が駆けつけて、処分撤回などを要請したが絶望的。
それどころか、本日2時、府庁記者クラブにて「ブルセラ病感染犬、陽性犬安楽死処分」を発表した。
明日27日、午前7時より現場より搬出、近くの信太山自衛隊演習場内にて睡眠剤致死量注射にて安楽死処分。
処分頭数、103頭。
マスコミ取材、カメラ持込撮影禁止。なぜなんだ。どうしてマスコミの撮影も禁止するのか。
報道の規制をする必要があるのか。国民は知る権利がある。

阻止するすべがないため、今夜から当団体を含む数団体に協力を要請しボランティア有志を集め、現場前に人間バリケードを敷き、阻止したい。(大阪市の長居競技場のホームレス排除の時と違い、強制排除の代執行は出来ないだろう。)

*今回、時間的な都合で処分を回避するためには実力行使しかなく、その後は法的に戦いたいと考えます。
成功するか否かは未定。まずは、罪のない犬たちの殺処分を阻止します。
これは日本初、いや世界でも例の無い行政の暴挙です。
(今夜から明け方未明、マスコミも駆けつけて取材します。が、撮影は禁止だそうです。)
弱い者達の味方になって最後まで諦めずに頑張ります。


以上。
************************************************************


なんで、みんなの声が届かないんだろう。
行政のやることは、こんなこと!

人間がしたことをワンコの命の清算で終わらせるなんて!
人間もワンコも命の重さは、おんなじでしょ!

寝られないよ、今夜・・・

Comment

非公開コメント

プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード