風見しんごさん


テレビのワイドショーで交通事故で無くした娘さんの一周忌に本を出された風見しんごさんが取り上げられていました。


風見さんの言葉に胸が締め付けられています。

この一年、何をしててもどんな事をしていても 頭の中で娘の事を想っている。
娘がいなくなった隙間は、どんなものでもどんな事でも埋められない、ずっとカラッポのまま。


20数年経った私でもおんなじ胸のうち。
私には、2年という時間があったから、少しは救われたのだろうか・・・
風見さんのご心中はいかばかりであろうかと・・・


きっと 風見さんも何年経っても何年経っても何年経っても、今のお気持ちが癒える事はないんだろう・・・

風見しんごさんのHP






福岡市の3幼児死亡事故(2006年8月)、福岡地裁は「危険運転致死罪」を適用せず、業務上過失致死傷罪で懲役7年6月を言い渡した。

愛知県岡崎市の東名高速道路で昨年8月、大型観光バスが渋滞中の車列に突っ込み母子2人を死亡させ、25人にけがを負わせた事故で、名古屋地裁岡崎支部は15日、自動車運転過失致死傷罪に問われた元バス運転手に禁固3年6月(求刑禁固7年)を言い渡した。


交通事故で大切な命が奪われるのは、こんな程度のことなのでしょうか。
もちろん、私も運転しますし、今の時代、車が無ければ身動きとれないのも事実です。
被害者になっても、次には加害者になっているかもしれません。
でも 命の尊さはもっともっと重いものと思います。


愛知県の事故の亡くなられた方のお父さまが、仰ってた言葉。
禁固刑の間は、この事故のことを思って刑に服してほしいと。




あー、胸が痛い。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Comment

非公開コメント

プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード