長女三十回忌

長女の命日のお供え、ももとみかんとすいかとりんご


かあさん、貴女達の写真の整理をはじめたんだ
アルバムはそれぞれで整理してたから、
一つにまとめるの、コンパクトにね
それで
貴女達が迎えに来たら
一緒に持っていって
ハルと一緒にみるんだ





29年前のあの日は、暑くて暑くて
でも今年はなんだか涼しいよ
夜の8時にエアコンが切られてしまう病室で、家族4人で居たね
この日が最後になるなんて思いもしなかったね
でも、一緒にいられた






Comment

No title

そう、その日が最後になるなんて誰も思わない最後の日。
迎えた者にしかわからない思い。
最後の日は始まりの日でもあります。
残されたものの長い長い道のり。
いつかきっと会える日に向かって、それがいつなのかわからなくても・・・
でも、その日もきっとだれも思っていない日なんだろうね。
いつか唐突に来るその日のために・・・なのね、HALさん。

ワンコのかあさんへ

その日に供えて、その日がいつ来てもいいように、せっせと身の始末をしながら待つことにします。あと5年くらいはかかりそうなんだけど… お空組は待ってくれるかな〜

逢いたい人には会いに行きたい。
いっぱい逢いたい。
非公開コメント

プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード