躓いて足親指が天を向く

な~んもない玄関の中で、躓いた。

そのまま、体の右を下にして倒れた。

スリッパは脱げていない。

どうやら、左足で右足のスリッパを踏んづけたもよう。

しこたま、右のおでこを打ちつけた。


でも倒れた瞬間から、物も言えないほどのズキズキした痛みが!!!

倒れたまま、右足を引きよせてスリッパを手で取った。


あららっ~~~!

足親指先が天を向いている写真

私の足指は、関節固定と関節切除の手術をしてある。

こんな状態の足趾だったのだ。

数年前に手術して綺麗になった両足指の写真


まだ夏休みで帰省中の甥っ子に乗せてもらい病院へ。

右足だったし、大掛かりな処置になったら、いくら私と言えども自分で運転は無理と思った。



最初、この状態の足を見た先生は、折れていると思ったそうだ。

その先の処置のことをあれこれ考えられたそうだ。

もちろん、私もいろいろと考えた。

もし手術になったら、娘を仕事先から呼び戻さなきゃとか、

シルバーウィークで病院は休みになるし、どうなるんだろうかとか、

局所麻酔ならすぐに帰れるかなとか、

この先の予定がびっしりあって、またみんなに迷惑かけることになったらどうしようとか。




レントゲンを撮り、それを見た先生が、「このままいける」と仰った。

親指の付け根の関節は、固定してあって、そこは大丈夫だった。

その大丈夫な関節の上に、指先の関節が外れて乗っかった状態だそうだ。

脱臼しただけで済んだ。


この親指、もし指先も固定してあったら、完全に折れていたと。

それと5年に渡るエンブレル使用で、骨が強くなっている証拠だと。


8年位前に手術した足指のレントゲン。

固定の個所は、このまま変化なしで綺麗な状態だった。


以前の手術で関節固定した親指のレントゲン写真



このまま引っ張れば治ると言われたが、触るだけでも悲鳴が出そうになるので、外れた関節に麻酔の注射を打つ。

その後、レントゲン室で、レントゲンでいろんな角度から確認しながら、先生が引っ張って治した。

先生も看護師さんもみんな、防御服を着用していた。


その後のレントゲンでは、指先の関節が、綺麗な隙間も元どおりになっていた。

しばらくシーネで固定。

痛みがあれば、ロキソニンを日3回服用するようにと。

あと、歩かないことと言われた。


処置後のシーネで固定されて、包帯を巻かれた私の足先の写真

Comment

EMAIL:
IP:
あらら・・・またまた災難でしたね。
私も、時々同じような事をやらかします。

大事にならなくて、良かったです。
しばらくの間、安静にしてくださいね。
くれぐれもお大事に。

EMAIL:
IP:
いつも転ぶと大変だからって気をつけていたつもりだったんだけどね…年年運動神経も抜けて行ってしまっているようです。
お互いに気をつけましょうね。
ありがとうございました。

EMAIL:
IP:
 こんにちは。お足の指が大変なことになりましたね。
脱臼でも指というのは痛いですね。
 私も数年前に足の指を疲労骨折して結局2カ月(痛かったのは1ヶ月間)のたうちまわりながら通勤してました。

 しばらく安静にされて早く痛みが無くなりますことを遠くからですが祈っております。
 こんな時は昔のフォークソングなんかを聞きながら読書などでも・・・。無理しないでくださいね。

EMAIL:
IP:
ヤスさんへ

御心配をおかけして申し訳ないです。
もうすっかり痛みもなく元気にしています。
ヤスさんの疲労骨折は、とても痛そうです。
よくなられて何よりですね。

動かないことが一番のようでしたので、手仕事をのんびりとしていました。
ありがとうございました。
非公開コメント

プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード