竹内勤先生の講演

「医と暮らし」健康大学の竹内勤先生の講演を聞いた。


「知ってください、リウマチ治療の現在(いま)」

「和らげる、遅らせる」から「止める」時代へ

竹内先生の講演は、分かりやすい言葉で、理解しやすい。


自己免疫は、本来体を守るはずの免疫システムが、細菌、ウィルスなどの外敵に向けられるのではなく、自分自身の体を攻撃してしまう現象。

免疫抑制剤で免疫を抑える治療をする。

免疫力を高めるサプリなどは、逆効果になる。


メトトレキサート(リウマトレックス)の飲み方で、飲み忘れた場合は、そのまま日にちをずらして服用する。

次の週は、いつもの日にちに服用する。


食べ物の中にも葉酸が多く含まれている物があるので注意すること。



現在の治療の第一選択は、抗リウマチ薬。

その次に生物学的製剤に変わりつつある。

初期の段階で、メトトレキサート服用で30%の人が寛解。

プラス生物学的製剤使用で、30%の人が寛解。

合わせて60%の人が寛解。

リウマチ治療は、寛解を望めるように変わりつつあること。



やはり、早期発見、早期に適切な治療開始。

目指すは、寛解!




詳しくは、「医と暮らし」健康大学のサイトをご覧ください。

「医と暮らし」健康大学

Comment

非公開コメント

プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード