流血騒ぎの日

今日は、ハルにとって一大事の日!

お姉ちゃんの振替休日は、ハルの狂犬病予防注射の日なのです。



いざ、動物病院へ。

でも何か警戒しているハル。

いつもは、出かける前に車に乗り込んだら降りたがらないのに、乗ったり降りたり、落ち着かない様子。

車の中でもいつものように、はしゃがない。



病院へ行く道、しっかりと覚えているんですよね~。

病院が近くなってくると、そわそわ、そわそわ、そわそわ。



病院の駐車場についても降りようとしない。

無理やり引っ張られて、車から降りたとたん、病院の入口と反対方向へ行こうとするハル。

以前、かあしゃんが一人で連れていった時には、ここで逃走されてしまったのだ。

遠くの畑でこっちを見ているハルがいた。

今日は、お姉ちゃんだったのでハルの負け。





狂犬病予防注射とフィラリアの薬をくださいと言ったのだが・・・

しっかり血液検査をされた。



あのハルですよ!

飼い主にさえ、体を触らせないハルですよ!

手足から、麻酔もないまま採血なんて、無理に決まっている!

今までもそういって採血しないで薬をもらっていたのだ。

でも 今日は、先生がやる気満々。



診察室へは、お姉ちゃんとハルが入った。

威嚇するガウガウ唸るハルの声。

すごい声でガウガウ言っている。

そのうちに、悲鳴に変わった。

今まで聞いたこともないようなヒイヒイ言う声。

しっぽ巻いてキャンキャンいうのではなくて、きゃ~っていう悲鳴。

待合室で、そんな初めて聞くハルの声に、心臓バクバクの私。



しばらくしたら、静かになった。

麻酔でも打たれたのかなと思っていたら、観念したらしく、床にベタッと伏せたまま、じっとしていた。

もちろん、いつ臨戦態勢になるかわからないので、お姉ちゃんはリードを思いっきりひっぱっっていたそうな。

先生たちは、そんなに引っ張らなくても大丈夫だよって。



その体制で、後ろ足から採血された。

首に巻かれたもう一本のリードも、先生が首に手をまわして首から抜いた。

看護師さんが、ハルの傍を歩きまわる。



ひゃぁ~~~、考えられない展開!!!

家族だってハルの傍を通ろうとすると唸られるのに…





静かになった診察室のドアが開いた。

そこには、目を疑うような光景が・・・



床や診察台の足の部分には、一面、ハルの血がべったりと・・・

(体重を測れるようになっている診察台)

そこでどんなハルの抵抗があったのか察することができるような・・・

どうやら口の中を自分で噛んだことによる出血だったらしいのだが・・・





当犬は、意外と平気な顔して出てきましたわ。

少し前足でびっこをひくような歩き方をしてたけど。

もちろん、足にも体にも血がべっとりと・・・でしたけど。





血液検査の結果は、フィラリアもOK,貧血もなんにも異状なし。

意外と健康そのものなんだ、ハル。







今日の動物病院は、ハルが我が家に来た時からお世話になっている。

去勢もここで。



でも先生は、すごいわ。

もっと凄いのは、先生の奥さん。

ガウガウ唸るハルの首の後ろを素手で掴んだことがある人なのだ。





また、来年。









Comment

No title

ええ~~~?ちょっと普段のハル君からは想像できないすざましさなんですけどぉ!血液検査ってホンのちょいっと血を採るくらいですよね?そんなに抵抗するんだねえ(笑)
くまこはなんとか診察台から降りたいと必死で考えてるうちに採血されちゃいます。狂犬病の注射も、ほんとに注射したの~?ってくらいあっという間に終わっちゃうし・・・そんなすごい抵抗もおねえちゃんが一緒だとちょっとだけましになるところがハル君らしいね。

No title

haltaroさん、こんばんは。
あきです。
ご無沙汰しています。
そうでしたか。
それはそれは、大変でしたね。
でも、haltaroさんのためですし、1年に1会ですから、我慢してくださいね。
ワイズも、獣医さんは嫌いで、中に入るのを嫌がります。
でも、そんなことはいけませんから、無理矢理引っ張って入れますよ。
かあしゃんからは、何かご褒美をいただきましたか?
それでは失礼いたします。
非公開コメント

プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード