ハルの異変

朝9時前、久しぶりの雪に大はしゃぎのハル。

庭を走り回ったり、穴を掘ったり、ひとしきり遊ぶ。(15分ほど)



家の中へ入ってからもいつもと変わらず元気。



11時頃、かおりがマックスのタイヤを車に乗せにきてくれるというので、東側で遊ぶ。

かおりが来てから、マックスに乗り込んだり、飛び降りたり、いつもどおり。

ガソリンスタンドへ行ってる間、ハルは留守番。

11時15分くらいから12時15分くらいまで。



いつもなら、わんわんうるさいくらいで迎えてくれるのに、勝手口の傍でお座りしていた。

声はない。

動作が緩慢な様子だが、自分で歩く。

座る動作は、痛みがあるのか、ちょっとためらいながら、座る体制をしっぽを丸めてそっと寝そべる。

窓際で、はあはあするほどアツくなっても、すぐには動けない様子で、しばらくためらったのち、ゆっくりと動く。

右足をあげている。

しっぽは振らない。

声もあげない。

顔をあげたりで反応するだけ。



3時ころ、買い物に行くよっていうと、行きたいそぶりをして、勝手口から降りる。

少し待たせると、しゃがみこんでしまう。

いったん、しゃがみこむとすぐには動きだせないでいる。



車に乗り込むのに、ためらっている。

声も出さないし、尻尾もさげたまま。

のりたいというアピールはするが、足をかけてあがるという動作がなかなかできない。

10分ほどためらって、やっと乗る。



車の中では、座りにくそうに助手席にいるが、やがてフラットな後部座席の長座布団の上にねころぶ。

ねころぶ姿勢が、座りにくそうにしている。

伏せになったら、バイクが来ようが、犬がいようが、電車が来ようが、顔だけあげて見ているだけ。



買い物中もずっと伏せの姿勢のままでいる。

車に戻っても声をあげないでいる。



病院で待つ間も変わらず。



5時半、家に着く。

車からなかなか下りられない。

10分ほどのためらいの後に、助手席にもどり運転席から降りた。

勝手口の階段を上り、家の中へ入り、テーブルの下へ入ってしまう。

寝た。



6時半、主人が帰宅したのにも気づかず、声をかけてハルが反応する。

テーブルから出ようとするが、右足を上げていて、動きたいけどその一歩が出せないようす。

やっと出てきたが、流しの前に座り込む。

散歩という声に目は輝くが、体は動けない。



冷蔵庫の前で立ったのだが、一歩がでないまま、立ち尽くしている。

10分ほどして、やっとひょこひょこと自分の布団へ行き、そのまま寝息をたてて寝ている。



昼からおしっこもしていない。

夕御飯もたべない。

水ものんでいない。



9時、右を下にしていびきを嗅いで、夢見てるのか四肢が動いている。





脊椎か、股関節か、おおごとだったらどうしよう。





ハルの動き出しの姿が、りウマチの私とおんなじで、一歩を出すのにためらう様子。

やはり痛みがあるのだろう。

それも強い痛みであろう。



ハルは、痛みを我慢してるのか、ひいひいとも泣かない。

いっさい声を出さない。

はやくなおさなければ

Comment

非公開コメント

プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード