HAL 三回忌

ハルの写真とお供えのケンタッキーとミルキー


大好きなケンタッキーフライドチキンとミルキーだよ

ハル、元気でいる?
虹の橋二丁目の別荘の住み心地はどう?
お友達と仲良くしてる?

お姉ちゃんは、時々ね、家に帰ってきてるんだ
ハルは、お家、忘れちゃった?
たまには、帰っておいでよ。

ハルと暮らした12年
一緒に出かけるのが当たり前で
楽しい毎日だったね

かあしゃんは、買い物に行ってもさみしいんだ
待っててくれるハルが居ないって、ホント、さみしいんだよ



ハル、お願いがあるんだ
あのね、お姉ちゃんと一緒にね、早くかあしゃんを迎えにきてね
頼んだよ





6月になって

6月2日
娘の親友の一人が、仕事の合間に時間を作ってくれて、涼やかなお花と共にお参りに来てくれた
気の抜けたような毎日を送っている私には、至福の時
ありがとう
会えると嬉しいんだ
本当にありがとう

お供えのアレンジフラワー




6月7日
母の日に熱を出してこられなかったからと、私にお花のプレゼントを持ってお参りにきてくれた娘の親友
娘のお気に入りのお花屋さんで
娘の大好きなひまわりのお花と

娘が居なくなったけど
今も娘が居るんだ
嬉しくて
嬉しくて
感謝

母の日のアレンジフラワー




長女の誕生日に京都・お東さんへお参りに行った
妹もついてきた
かおりがそうしてたように、私もお参りを続けようと思っている

納骨以来のお参り
ここは不思議な時間が流れる場所
二人で楽しく過ごしているかい?


妹から姉へ Happy birthday


2011.06.02 Thu

Happy Birthday   いろんな想いの中で1年経ちました。
京都=ここ。 他の観光地が、かすんでしまうほど、
この場所が、心が穏やかになる、安息できる場所になっています。
お姉ちゃんなんだけど、 “お姉ちゃん” とは呼びなれていないので、
とても照れくさくなっています。
いつも、見守っていてくれて、ありがとう。
里公先生に、 “お姉さんに守られていますよ” と教えてもらったよ。
いつのまにか、一人っ子と言うようになり、実感としてありません。
幼稚園で、一緒に給食を食べたことは覚えている。
でも、どんな声だった? どんな笑い方だった? どんなよび方してた?
思い出そうとしても、記憶の中からは、出てこないのです。
一緒にいた写真を見るだけで、私の記憶を探しても、見つからないよ。
お姉ちゃんじゃなかったら? もし、今、一緒に生活しているとしたら?
仲よくいられるのかな?!(笑) たぶん、ずっと頼りっぱなしだよ。
でも、今とは違っていただろうね。 お母さんもちがってると思う。
私の力不足。どうしても、 “自分” が優先になっちゃう。
どこまでできるのかは分からないけれど、親孝行しようと思う。
お母さんね、早くお姉ちゃんに会いたいみたい。
でも、もう少しだけ、こっちでがんばるように伝えて。
ずっと独り占めしてて、ごめん。 でも、私にはまだお母さんが必要なんだ。 もう少し、そばにいさせてね。
お姉ちゃん、いつもお願いばっかりで、ごめん。
ありがとう。 ちゃんとがんばるから、見守っててね。
 お誕生日、おめでとう。

                      かおり




次女が長女の誕生日に書いた手紙






長女の30歳の誕生日に京都・お東さんへお参りに行った次女
28歳
この年の11月に29歳の誕生日を迎え、年が明けた3月3日に逝ってしまいました
この言葉を綴って、9ヶ月後のこと

娘の言葉、こんな思いをしていたのかと初めて気付かされました
その時は、その時で精いっぱいだったと
娘の心を思いやることもしなくて
娘の心を推し量ることもしなくて
私は何をみて、何をしていたんだろう

今さら、どんなに反省しても
もう取り返しができない







プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード