名古屋リウマチネットワーク

2010.6.13 名古屋リウマチネットワーク市民公開講座

講演「リウマチ治療最前線」

名古屋大学整形外科 石黒直樹教授


関節リウマチの治療は変わった。

病気だからと言って諦めない。

病気であっても健康・活動的な生活を。

早期の診断、早期からの確実な治療。

関節が壊れる前に確実に病気を抑える。

障がいを最小限にとどめる。

障がいが起こっても、次の障がいを防ぐために確実な治療をする。


次の生物学的製剤「アバタセプト」、この7月から9月あたりででてくるかもと仰いました。

治療の選択肢は増えています。

諦めないでがんばりましょう。




講演「関節リウマチ治療における注意すべき感染症」

愛知医科大学 腎臓・リウマチ膠原病内科 坂野章吾教授


内容が専門的すぎて良く分からなかった。

というか、講演卓の横で、足を前にクロスするしぐさが気になってしまった。

ちょっとリラックスしすぎ?緊張の裏返し?



講演「知って得するリハビリテーションの話」

名古屋大学医学部 保健学科理学療法専攻 太田進助教


はい、得した感じがあります。

湯船の中で足の屈伸運動は、浴槽の壁をけることで沢山の筋肉の運動があること。

あと、簡単な両腕の運動を教えてもらい、肩甲骨を動かす事の大事さも学びました。





ここ何年かは岐阜支部大会と日程が重なっていて参加できないでいました。

石黒先生の自信を持った言い切りの口調が、小気味よく感じました。

でも数年前に仰った「犬にリウマチはありません」という言葉、それがあるんですよね~、犬のリウマチって。

チャリティカレンダー&福祉車両送ろうのご報告

大変おそくなりました。

皆様のご協力を賜りまして、2年越しの福祉車両を送ることが出来、引退犬支援チャリティカレンダーの寄付も完了いたしました。
本当にありがとうございました。

下記リンク先でご報告させていただいております。
宜しくお願い申し上げます。



引退犬支援チャリティカレンダー御礼とご報告


福祉車両を送ろうの御礼とご報告




皆様の温かいご協力に深く感謝申し上げます。

医療講演あれこれ、その2

2010.4.18 岐阜大学医学部付属病院 春の療養相談会

講演「 関節リウマチに対する最新治療」

岐阜大学医学部付属病院整形外科 佐藤正夫先生

「TREAT TO TARGET」目標を定めた治療が世界的傾向。

関節破壊は、抗リウマチ薬だけでは進んでいくが、生物学的製剤があまり効いていなくても進んでいかないというデータもある。


講演「リウマチ患者さんの服薬について」

岐阜大学医学部付属病院薬剤部 西垣美奈子先生

MTXの副作用予防として葉酸が処方されている場合、食べ物やサプリメントにも含まれているので気をつける。


講演「関節リウマチと介護サービス」

岐阜県居宅介護支援事業協議会 立木孝幸ケアマネージャー

今はいいけど困った時に使えるサービスがあると知る事。

サービスを使う事は恥ではなく、世話する側もされる側も良い事なんだと理解し合う事が大切。       


講演「リウマチと笑いの科学」

岐阜大学大学院病態情報解析医学 竹村正男先生

少し視点を変えるとストレスは緩和できる。





2010.5.15 中根整形外科 春の療養相談会

音楽療法士「音楽はもうひとつのクスリ」

音楽療法士さん達と唄ったり、スカーフを振り回したり、楽器を鳴らしたり、患者さん達の楽しそうな笑顔がいっぱいあった。

きっとこの時間は自分のリウマチの事を忘れていられた時間だったのではないかと思った。

中根院長のウクレレもGOOD!!!

ハルだけ

今日は、警報も出ていて、降ったり小雨になったりの梅雨の日。
夕飯の支度を始めた頃、旦那がハルを散歩に連れて行くと言う。
「雨降るから行かんといて」と言ったにも関わらず、散歩に行った。
案の定、出かけて5分もしない内にどしゃぶりの雨が降ってきた。

土砂降りだった。
ホントにすんごい降り方をしていた。

車で迎えに行った。
ハルだけを乗せて帰ってきた。

旦那は自業自得。

ずぶぬれで帰ってきた旦那。
自分で着替えを出して、着替えた。


ハルももう若くないんだから、もっと気を使ってやれよ!
散歩に行きたかったら、1人で行け!



医療講演あれこれ、その1

2010.4.25 愛知県支部大会

医療講演「リウマチの治療 これほんと?」

あさいリウマチクリニック  浅井富明先生

二ヶ月もたって感想を書こうと思ったけど、すっかり忘れている…

ただ、たくさん笑って講演を聞いていた。

リウマチになる人は、美人が多く、人柄のよい人が多いって。

会場中が笑いに包まれた。

高齢発症の増加傾向があること。

今まで病気した事が無い人の発症。

眠くなるような講演が多々ある中、笑いながら勉強できた講演だった。



2010.4.29 三重県支部大会

医療講演「リウマチケア専門職制度の創設」

藤田保健衛生大学 七栗サナトリウム内科 松本美富士先生 

講演の内容は、看護師さん向けに細かすぎて、患者には難しかった。

でも リウマチケア専門の看護師さんやチームが誕生するのはとてもありがたい。

客観的に見た痛み以外に患者が痛いと訴える場合は、その痛みを認めるべき。

最近発症した患者、これから発症する患者に、従来治療のような変形をおこすのは医療側の責任である。

リウマチ医+リウマチケア専門職のチーム医療、時間をかけて患者、家族と全面的に向き合うケアが出来るようになる。

願わくば、どこの病院でもこういうリウマチケア専門職のチームがあるといいと思う。

患者がいちいち病院で担当の看護師やレントゲン技師諸々に、あれこれ言わなければならないのは大変。察してくれるケアが待ち遠しい。

花菖蒲

大垣市曽根城公園 花菖蒲

そろそろ時期と思いながら、なかなか行けないでいて…
よし!と出かけたらデジカメの電池が途中で切れた…
とほほ…



紫花菖蒲


白い花菖蒲

見慣れた風景


我が家の前にあるこのお家、私の実家がここに引っ越して来た時にはすでにあったお家。
だから50年近く建っているわけだ。

2010061601.jpg


それが孫の代になって建て替える事になった。
月曜日から始まった取り壊し。
解体やさんのかけた幕がはずされたら、ここに住んで初めて目にした風景があった。


20100616.jpg


すぐに新しいお家が建つのだけど、しばしの解放感!!!

我が家は通りから一本入っているので、我が家と実家に用のある人しかと通らない。
あまり人目を気にすることなどなかった。
でも目の前の家がなくなったら、解放感とともに、その道を通る人の不特定の人々が気になるようになった。

ハルは、散歩するワンコにうなりっぱなし。
自転車が通れば、ワンワン吠えている。
これからは業者の出入りにワンワンうるさく吠えまくるんだろうな~。


早く秋になれ!!!




12年前には我が家も建て替えをしたので、近所の皆さんはこういう思いをしていたんだろうなと…
まあ、お互いさまだよね。



とあるイベントの下見

外観2


会場全体


みんなで下見中です。
詳細が決まりましたら発表します。
でも、岐阜のリウマチさん限定イベントなんです。

誕生日

今日はね、あーちゃんの誕生日でした。
でもね、いろいろと考えることがあって、お花だけを綺麗に飾りました。
おかあさんは、おかあさん上手くできなくて、へこんでいます。
あーちゃんにもきっとおんなじこと言われてたんだろうなって思っています。
おかあさん失格だよね。
子供と一緒に成長できなかったんだ、おかあさん。

ずっとずっと考えている。
ずっとずっと考えている。
ずっとずっと考えている。

ごめんね。

プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード