長女36歳 

誕生日祝いのアレンジフラワー

おめでとう、36歳だね
今年は、モンシュールの堂島オレンジレモンロールとフルーツブリュレでお祝いだよ
ホントは、京都に行くつもりだったんだけど
逢いに行けなくてごめん

堂島オレンジレモンロールとフルーツブリュレ






2017.05.08
サクランボの実だけが採られて軸だけが残っている

今年はサクランボのジャムを作ろうと思っていたのに、毎朝の賑やかな鳥の鳴き声を聞いていたら、あっという間に!!!
カラスやらなんやらかんやらに
見事に実だけ摘んでった

次女 六回忌 五回目の命日

たくさんの命日のお供え、ひまわりのアレンジフラワーなど

貴女の大好きなオムライスとロールキャベツ
まだ、作れないでいる
ホント、大好きだもんね
だから
まだ、作れないまま

娘の親友たちが、お休みを取ってお参りにきてくれた
可愛い一歳の子も
あの日からまる5年という年月の流れ
そういう時間なんだ

もう一人は、仕事が終わってからお参りに来てくれた
遅い時間まで毎日仕事していて、それでも時間を作ってくれて

私は、娘の友達に支えられている
いつも気にかけてくれている
娘の話ができるのが、嬉しい

夜、ちょっと娘の保育園時代の話をした
年少さんで入園し、暫くして登園時に大泣きをするようになった
その頃は長女の入退院があった時期
ずっと寂しい思いをさせていた
長女が年中さんで通園できる時には、やんちゃ次女は自分のクラスにいないで、長女のクラスで給食を食べたりしていた
そうすると、今度は長女が、次女が自分の傍に居なくて他のお友達と一緒にいると言って泣いていた
そんなことを思い出した




カサブランカの花束

お供えにいただいたカサブランカ
元気出していっぱい食べてねって果物を送ってくれた友
大好きなメロンも
ひまわりのアレンジも
可愛いアレンジフラワーも
コーヒーの蝋燭もいただいた

みんなのお気持ちがありがたくて、ありがたくて



桜の膨らんできている花芽

我が家の桜、花芽が膨らんできている
これから六年目を生きていく、私







ここから2枚の写真は、オーブが写っています


ふと思うと、娘の気配を感じなくなっていた
シャンプーの匂い、二階から漂ってくるたばこの香り
写真にオーブが写らなくなった
それらを感じなくなった頃から、夜眠れるようになった
ずっと寝られなかったのに、いつの間にか眠るようになっていた

だけど、年が明けて、1月の末から命日にかけて、どんどん私の心が重くなっていく
まただんだん寝られない日が続き、2月の末には酷い眩暈を起こし、体調不良のまま

少しは前向いているかなって思ったけど
頭は騙せても心は正直

だから 娘が居てくれる
ここにいてくれる
私のそばにいてくれる




命日の座敷の写真


命日の座敷の写真

34歳 HAPPY BIRTHDAY

白いぷーさんのもっちぃもっちぃのぬいぐるみ


お誕生日おめでとう


高山トランブルーの和栗のデニッシュ


ニューヨークグラマシーの栗のロールケーキ


お供えのメロンやバトンドールのポッキー



お祝いのお供えがいっぱいだよ

一緒に行くことがかなわなかったトランブルーの和栗のデニッシュ
ニューヨークグラマシーの栗のロールケーキ
お友達が送ってくださったメロン
バトンドールのポッキー

白いもっちぃもっちぃのぷーさんもね




おめでとう






長女三十回忌

長女の命日のお供え、ももとみかんとすいかとりんご


かあさん、貴女達の写真の整理をはじめたんだ
アルバムはそれぞれで整理してたから、
一つにまとめるの、コンパクトにね
それで
貴女達が迎えに来たら
一緒に持っていって
ハルと一緒にみるんだ





29年前のあの日は、暑くて暑くて
でも今年はなんだか涼しいよ
夜の8時にエアコンが切られてしまう病室で、家族4人で居たね
この日が最後になるなんて思いもしなかったね
でも、一緒にいられた






長女の誕生日に

長女の誕生日のお供え、サクランボ、メロンのケーキ、海のイメージのブリザーブドフラワ-、すいか

2016.06.02

貴女は 35歳になった

サクランボもメロンも大好きだったね
もう、かあさんは何にもしてあげられないけど
ちゃんと貴女が生まれてからのこと覚えている
ずっとずっと忘れない

お誕生日おめでとう


娘たちの保育園からの絵や作品、教科書、ノート、テスト、落書き、いろんなもの、育児日記、入院記録、片づけた
ずっとクローゼットにしまってあった
ひとつひとつ、手に取りながら
その瞬間を思い出して
そして
シュレッダーにかけた
あとは、写真

4月から始めて、やっと終わりかけている
少し片づけては、心と折り合いをつけながら




旦那は私が大事にしているものなど知りもしない
旦那の手にかかるくらいなら、自分で全部片づけて
それから 静かに日々を送り、娘たちが迎えにきてくれるのを待つ
今はそれだけ

プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード