fc2ブログ

なんてひどい痛み

強烈な痛み、もうどうにかなりそう

9年前は娘を亡くしたばかり、まだ忌も明けていないとき
圧迫骨折もしていて今の状態よりもはるかにキツかったはず
でもおぼえていないんだよなぁ、あの痛みを

夜、痛みで眠られなくなって6日
背中の痛みは横になっていても増すばかり、どっちを向いても痛い
一時間おきに起き上がって、その痛みに堪えている
まだ痛みのピークじゃないと思っているが、抗リウマチ薬を休薬しているからそろそろリウマチの痛みもでてくる
痛みには強いはずの私、でも帯状疱疹の痛みは違うわ!


泣き言言いたくなったさ


私の65歳も厄年か!

あは!
2度目の帯状疱疹!

衝撃波結石破砕術をした翌日から右肋あたりが痛んだ
日毎に痛みは増して、痛みが移動している
てっきり整形的な痛みと思い込んでいた
夜中眠れなくなって痛みの我慢の限界で、ブロック注射をしてもらおうと奥田整形外科へ行き、レントゲンを撮り、いざ注射をとなった時、先生が背中が赤くなっている事に気づき、これは帯状疱疹だとなったわけです。
以前9年前は体の左側、今回は右側、皮膚が赤くなりミミズ腫れのようになっているらしい
らしいと言うのは自分で背中を見てないから、と言うより自分で背中が見られないから
紹介状を書いてもらい大垣市民病院皮膚科へ
ミミズ腫れの皮膚を検査して帯状疱疹確定!
抗ヘルペス薬と痛み止めと塗り薬がでた
暫く我慢が続くのだ
当然抗リウマチ薬リンヴォックは中止
皮膚科の許可がでるまで、ロキソニンとステロイドでしのぐ
頑張れるか不安!
以前は1ヶ月近く休薬し、その間何度も痛み止めの注射に整形に通った


10月5日に衝撃波結石破砕術を受けて、次回2週間後の診察でどうなったか確認をする
それまでステントは入ったまま
あまり長くは入れっぱなしにはできないそうなので、次回の結果次第、抜くか入れ替えるか

衝撃波結石破砕術、結構しんどかった
装置の台に上がるのもひと苦労
主治医1人だけで対処されたので、先生もあれこれ頑張ってくださいました
台に上がってあれこれあって、実際の施術時間は45分間
10段階の3の強さで始まって15分
耐えられそうだったので 4の強さで30分

石のある箇所を圧迫し、絶えずずっとカンカンカンと同じリズムで叩かれている感じ
部屋の外にいた妹にも結構な大きさの音が聞こえていたそうな
私は左側に衝撃波を当てているから、骨盤に食い込んでいる左股関節がすごく痛かった
当日はこれで終了

三度目の腎盂炎、入院その参

30日、31日

朝の血液検査の結果、午前中に尿カテーテルが外れ、点滴は夜に外すことになった
明日の退院もステントを入れたままで許可された
だが次の手術が予定されていた
衝撃波で石を砕くか、内視鏡でかきだすかだそうで、退院後外来で相談していくこととなった

カテーテルは外れたが点滴付きなので一人でトイレに行けない
その都度看護師を呼んで付き添ってもらわなければならなかった
私はシルバーカーが許可されたので、点滴棒を看護師が持ってはるか遠いトイレに行くのだ

リウマチの薬リンヴォック休薬中、体に痛みが出てきている
その状態でトイレまでの長い距離を往復するのはかなりきつかった
何度もトイレで看護師を呼ぶのも気がひけた
夜、点滴が外れて、やっと一人で歩行可能となった


そして31日、午前九時半、退院した

三度目の腎盂炎、入院その弐

8月27日、28日、29日

毎日ベットから見える唯一の風景
入院中の私がずっと見た風景


トイレ付個室希望したが空いておらず四人部屋へ
カーテン締まったままの一人の空間で、話すのは看護師のみ
カーテン一枚隔ててお隣さんがいるが話もできず顔も知らず、ただ看護師との会話が聞こえるのみ

点滴と尿カテーテル付きでひたすらベットの上で過ごす
四人部屋なので携帯はラインのみで使うが、私の状態も知らずに旦那が電話してくる
歩けないので仕方なしに電話に出るが、大丈夫かと言うだけの電話
心配する気持ちはわかるが少しは患者のことを察したらどうかと思う
何かあれば連絡がいくのだからじっと待て、もう電話してくるなと伝える

主治医の指示は車椅子
歯磨きすら行けないのに何の手伝いもない
お茶の配布もしてくれない
食事の時に使ったスプーンなども洗えない
いちいち看護師に言うのも気が引けて、除菌ティッシュで済ます

微熱は続いている
おなかの痛みもさほどない
ただベットの上でじっとしている

困ったのは携帯
Wi-Fiが使えないから料金がかさむ
なんせ一番容量の少ないプランにしてあるから切実な現実
必要な通話とメールだけ使用する

妹に必要なものを頼む
看護師を通じて受け取り、不要なもの返す
妹は私のことをよく知っているとはいえさぞかしあれこれ探すのは大変だったと思う
旦那は何にも知らない、私が普段何を使ってご飯食べているかさえ知らない

夜はほとんど眠れない
四人部屋ゆえあれこれ気になる
点滴のポンプ付きの患者さん、アラームが鳴り響いても何にもしない
看護師も来ない
20分以上鳴り続けて、アラームは一段と激しくなる、やっと看護師が来る
それが夜中と朝方に繰り返される
朝の看護師の巡回時に眠れましたかと聞かれても寝られる訳ないと答える

顔がむくむ
夜も昼も寝られない


三度目の腎盂炎、入院その壱

2021.08.26
夜中から左腹が痛む
朝方、トイレに起きたらふらつく
熱 38.9度
これはまた腎炎だと思い、午前10時半、予約外で診察を受けることにした

が、病院の玄関で熱があると言うと車から降りるなと言われ、今いるこの病院に電話しろと言う
泌尿器外来へ電話し、発熱外来へ電話が回され、今救急の玄関先に居ると伝えてもすったもんだし、案内があるまでそこで待機せよと言われた
暫くして車の確認と別の案内があるまで待てと言いに来た
また待って救急車が入る所から発熱外来へ入る
コロナ用心、保険証確認も袋の中へ入れて渡す
いくら症状が腎炎でも発熱してるからPCR検査の結果がでないと診療科へ行けない

嫌っていうほど待たされて、やっとエコー検査
腎臓が腫れている
また嫌っていうほど待たされてPCR検査、血液培養、尿検査
またそれから嫌っていうほど待たされて痛み止めの点滴開始
ずっと車椅子に乗ったまま、PCR検査の結果がでないと横にもさせてもらえない
またまた嫌っていうほど待たされて抗生剤点滴開始
そして抗生剤が終わる頃、PCR検査結果が陰性と出て、やっと救急のベットへ
もうすでに午後4時15分過ぎ

付添の妹はコロナのワクチン予約があって一旦帰る
ベットに横になってすぐ心電図
終わったらすぐに泌尿器外来へ
主治医が待っていて、ステントいれる手術をし入院だという

左腎臓にあった5ミリほどの石が落ちてきて膀胱に蓋をし、腎臓が腫れた
時間がたてば膿が出るようになるからすぐにステントを尿道から入れて膀胱から腎臓へ入れる
なんか訳わからいうちにどんどん進んで、しかも妹も居ない間に一人で対処するはめに
主治医がステント入れながらここなんで曲がってるんだとか言ってたけど割とスムーズにステントは入った

なんでここ曲がってるんだという主治医の言葉は説明がつく
なんせ腰椎4ヵ所圧迫骨折してる訳だからひずみがあって当然と思う

手術が終わると同時に病棟からお迎えがきて入院
まだ妹は戻ってきていない
しかも緊急事態宣言下、付き添い見舞い完全禁止!
主治医に不都合な事を色々伝えたがダメで、すべて看護師にやってもらえと言われた

入院のつもりなんてしていないから妹にあれこれ持ってくるものをラインし、とりあえず病室で一人待つ
付添家族はエレベータホールまでは許可されていて、荷物などはすべて看護師を通じてやりとりする
ただし現金は看護師NGで、旦那の食事代を妹に建て替えて貰う羽目になった
その日は給食もでないから、おにぎりを持ってきてもらい今日一日初めての食事をした




点滴攻め




エスカレーターに乗れなかった

最後に咲いたカサブランカの花

カサブランカ、最後の一輪が咲きました
娘のお供えにいただいてから一ヵ月近くずっと咲いてくれていました
花の香りに癒されていました



三ヵ月ぶりに車の運転をして、通院後、パっソの点検にデーラーへ
点検の間、ショッピングモールをうろうろ
というか、よたよたとですが・・・
で、エレベーターが遠くて、傍にエスカレーターがあったのね
乗れると思った私は、エスカレーターの手すりにつかまったんだけど、足が出なかった
よたよたではエスカレーターのスピードについていけず、右足から左足への体重移動ができなかった
動いている手すりから手を放すのもやっとのことで、ちょっと怖い思いをした
すんごいショック!!!
もうエスカレーターにも乗れないなんて!!!

通院事情と買い物事情

20210312190621eb1.jpeg


昨年12月8日左目白内障手術から3か月経ち、やっと目薬からも通院からも解放された。経過は順調。

半年毎の泌尿器科の診察
両腎臓にある石は大きさ変わらず、腎臓も腫れてなくて、また半年後の診察予約。

リウマチは落ち着いている。
リンヴォックが2週間分しか処方されなくて、昨年7月から2週間毎の通院を続けているが、やっと5月から4週間処方になる。
リンヴォックは全例調査されていて血液検査も1ヶ月毎、それらから解放されれば楽になる。


膝を痛めてから買い物もままならない日々を送っていて、週一の生協配達に助けられているけど、生協だけじゃ足りなくて通院時にスーパーで買い物する。買い物はストレス発散にもなるが、欲しい商品を探すのが苦痛、何軒もスーパーを回る事なんて無理。自由に買い物にも行けなくなってストックも増えた。野菜は買い込んだら冷凍する事を覚えた。
何週間先を考えて、生協注文し、スーパーで買う物をメモしていく。結構先を考えてと言うのは難儀である。

出掛けないのが普通の日常になり、家に居る事が当たり前で、ほとんどパジャマのままでいる。
あれが欲しいと思えばネットで買える。
でもやっぱり気ままに出掛けたいと思うし、あのお店に行きたいとかちょっとコンビニになんて思ったりする。
通院ついでにあれこれといかないのは私の体調のせい。膝、股関節、腰、早く横になりたいと思ってしまう。時間に限りが出来てしまう。

そんな毎日を過ごしている私です。


十回忌

咲いた我が家の桜

まる九年
我が家の桜はめっきり花芽も少なくなってきたが、ちゃんと綺麗に咲いてくれる

十年目をこれから過ごしていく
どうやって生きていこうかと考える

やたら娘の代わりに生きなきゃと肩を張っていたり
娘に嫌な思いをさせちゃいけないって思ったり
娘だったらこうするだろうからと思ってみたり
必死に娘のためにと勝手に思ったりして
でも違うんだよね
でもそういう風にしか毎日を過ごせなかったんだし
何をやってもむすめのことしか頭になくて
いまでもそうなんだけど


咲き揃いはじめたカサブランカ

カサブランカの花は毎日花が咲いている
ずっと良い香りが漂っている


ほころんできた黄色いチューリップ

娘の親友が届けて売れたお気に入りの花屋さんのアレンジフラワー
黄色いチューリップがほころんでいる





最近、あの津波から十年経ったと毎日テレビでやっている
十年経った人々のあれこれ
知らず知らずのうちに涙が流れている
みんないろんなものを抱えて生きている



自分の悲しみには泣けないのに、人の悲しみには泣いている私
いつか思いっきり泣ける日がくるのだろうか



PCが直って

長のご無沙汰で大変失礼しておりました

昨年10月、娘のPCがガガって変な音がして以来、PCの自動修復なんたらかんんたらの画面のまま放置
で、年が明けてやっとメーカのサイトやらで修理可能か模索しつつ
それもまた放置して、やっとこさ大手電気量販店で修理できると知り、通院のタイミングで持ち込んだ

もう10年以上になる娘のPC
バックアップしてないからなんとかデータが欲しかった
そう、娘のPCだから

ほぼあきらめて持ち込んだけど、ちゃんと修復してもらえた
無料だった
おまけに不要になったPCは無料で引き取ってくれるそうだ



私はと言えば、いろいろありまして、昨年12月にもう片方の白内障の手術をして経過良好
一年半前に右目の手術をした時よりも体は楽だった
見え方は、右目の時ほどの感激はなかったが、両目の視力が揃ったことで距離感が良くなった

いまだに左膝は油断するとぐにゃってなる
おっとっとができないからもろにひっくり返る
でも左足の筋力が少しづつついてきている

車の運転は問題ないが、一人で買い物は無理
通院も妹に付き添ってもらっている
最近は杖じゃ体を支えきれなくて、シルバーカーを常用している


そして、今年89歳になる母がぼけてきたこと
同居の妹は頭を抱えている
昨今のご時世に今まで通りの生活をしている
不要不急の外出はあかんと何度言っても聞きゃしない
ほぼ毎日友達と出かける、外食も多々
注意をすると逆切れのように喚き散らす
いつでも人のせいにする
母も母だが車に乗せていく友達もどうかと思う、しかも80代なんだな

トイレが間に合わなくそこら中にマーキング、一日に何十枚のパンツをぬらす
紙おむつをすすめても返事もしない
みかんを食べれば家じゅうに皮が散乱
キッチンはさみがすぐなくなる
自分のせいじゃないと言い張るが、とんでもない所から出てくる
煮物は味が分からなくなっていて、食べられないほど辛くなる
朝一斤あったパン、バナナひと房が夕方にはなくなっている
異常な食欲

妹が何を言っても逆切れでギャーギャー喚き散らす
布団に入ってもぶつぶつ言っている



あーーーーー静かに暮らしたい


今年もぴょんじさんがハルのカレンダーを送ってくださった
何よりの癒しです
ありがとうございます


腎臓の石が

半年に一度の経過観察の診察
検尿、腹部レントゲン、腎臓超音波検査、結果が出たら診察
でね、主治医が言うんです
「なんでこんなに石が多いんだ」ってね
左腎臓の5ミリくらいの結石が 7.2ミリに大きくなっていて、しかも尿路に近い位置に動いているって
痛くないの?ってきかれたれたけど、今のところ痛くはない
それに消炎鎮痛剤を常用しているから以前にも痛みがあったが、おなかが痛む程度でのたうち回ることはなかった

主治医曰く、そのうちになんらかの処置が必要になるかも
体外衝撃波砕石術だと1時間くらい寝ていなければならないが大丈夫かと聞かれた

では、痛みがない今のうちに体外衝撃波砕石術を受けるのはどうかと聞いたら、砕いた石が落ちる時に痛みが出ると言われた
また半年様子見
でも痛みが出たら救急なり時間外外来なりすぐに診察を受けるようにと


体質なのか、妹も石持ちで2~3年に1回救急車を呼ぶほどの痛みに襲われている
ステロイドやら免疫抑制剤やら抗リウマチ薬やら骨粗鬆層治療薬やらいろんな要因がありそう

痛みが来ないことを切に願っている




                                                                                       
プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード