FC2ブログ

外履きの靴


右足と左足の長さを同じにしてみたら、こうなりました

左足の靴を加工して高さをアップした写真

靴は、市販のパンジーの靴を加工してもらいました
もちろん、足底板も両足作りました

右足と左足の高さの違い

でも、これで外歩きが楽になった

どんどん歪んでいく私の体
突発的な骨折などなければ、股関節の手術はしないと決めた


足底板は、¥41290(両足)
保険へ請求できて、還付されます

靴の加工は、自費
片足2足分 ¥9327
加工代は高さにより、私のこの場合は、片足¥4318(税抜)


なんだかんだと日々が過ぎて

壊れていく自分の体が情けなく嫌になる
左手は、人工関節入替手術から一年が経過し、すこぶる良い
その一方で、右手が哀れなことになってきている
使えば壊れていく、長年のリウマチだから仕方ないこと
ずっと変形性股関節症といわれている左股関節は、年々骨盤にくい込んできていて、今じゃ右足と左足の長さが違いすぎて、ユニクロの分厚いふかふかのスリッパを3足重ねて、ボンドでくっつけて履いている
足の長さが違う時と、足の長さを一緒にしている時とでは、物の見え方が違う
ずっと右足の膝は曲がったまま、このままではいかんと思い始めて、かといって股関節の手術をする気にもなれず
なんだかね、もう少し若ければ、きっと手術したと思うんだけどね
それとなんといっても娘が居ないことが大きいなあ
娘が居れば、迷わず手術に踏み切っている


相変わらず、圧迫骨折の腰は痛いし
外出しようと思っても、あれこれ考えてしまうし
かといって、妹におんぶにだっこともいかず
結局、家の中でじっとしているだけの毎日
月一回の通院と週一の買い物に行くのがやっと
出かける時には、いっぺんに用事をする
余計にしんどいんだけどね、仕方ないのよ

それからどうやら白内障の手術もしなけりゃならないらしい
3年後には運転免許の更新なので、それまでに両目するんだって











階段、駆け上りたい

走りたい




逢える楽しみ

ひまわりのアレンジフラワー

娘の親友がお参りに来てくれた
娘の好きな花屋さんのアレンジフラワーをお供えしてくれた

彼女には感謝しかない
いつもいつも娘よりも支えてくれている

夏が終わる




おねえちゃんがしんでしまった

長女が亡くなった時の次女の作文


わたしがほいくえんのきいさんのときの七月のことでした。
おねえちゃんはしみんびょういんに入いんしていました。
おねえちゃんのなまえは、あかりでした。
おねえちゃんは、七月十六日のよなかの12じころにしんでしまいました。そのときわたしはおねえちゃんのねているベットのよこでねていました。そして、おきました。わけをおかあさんにききました。わたしはないてしまいました。
そしてあくる日、おそうしきをしました。
そしてかそうばへいきました。そのときもわたしはなきました。そしてほねだけになってしまいました。
いまでもほとけさまのまえにおねえちゃんのほねがおいてあります。そしておねえちゃんのことをおもいだすとかなしいです。
でもあかちゃんのころはけんかばかりしていたのに、いまはおねえちゃんがいるといいなとおもいます。
それにおねえちゃんがしんでいらいわたしは一人ぼっちです、でもとなりにいとこがいるので、いつもあそびにいっています。ときどき、わたしはおもいます。おねえちゃんとつかさくんとわたしでいろいろあそべたらいいとおもいます。
おねえちゃんがしんでちょっとたってからおかあさんが、「おねえちゃんのぶんもがんばってね」といいました。わたしはおねえちゃんがしんでかなしいけど、「うん、わかったがんばるよ、おねえちゃんのぶんもね」といいました。それからげんきがでてきました。






次女4歳の時に長女が亡くなりました。
これは、次女が幼稚園年長さんの時か、小学一年生の時に書いた作文です。(5~6歳)



私、もうこの頃から次女に荷物をしょわせてしまっていたんですね。
「おねえちゃんのぶんも」と次女に言い、それを受け止める次女の心なんて考えもしないでいたんですね。
それでも、
大人になった次女は、私のしょってる思いを一緒に受け止めてあげると言ってくれた。




ホントにバカな親だった







この日も

長女の命日のお供え


あの日は、暑かった


今年もその時間に目が覚めた


どれだけ日々が流れても
どれだけ時間が過ぎ去っても
あの日は鮮明に残っている

たかが6歳の子供と思っていたけれど、その感性ははかりしれないものがあって

だけど、その時の私には、そのことを感じとる余裕すらなくて、真剣に受け止めてもいなくて

今更だけど、バカな親だったと思っている


来年は、33回忌








夢の中で
私はまた娘を助けられなかった
この手の中の娘の重さを実感して、目が覚めた



ヨーグルトに髪の毛が入ってたんだけど

2017.10.07 土曜日
10月3日に配達された生協の「みちのくフルーツヨーグルトセット」の一つに髪の毛が入っていたんだわ
それも一番底から出てきたん
12センチくらいの茶髪

私は染めていないので、あきらかに他人の髪の毛
それに私の髪の毛はそんなに長くないし

土曜日だったけど、生協のフリーダイヤルに電話し、状態を説明し、次回の配達時に回収するということになった
2017.10.10 火曜日
配達のお兄ちゃんに髪の毛入りのヨーグルトを渡した
2017.10.13 金曜日
生活共同組合コープぎふ西岐阜支所の担当者から連絡があった
預かったヨーグルトは工場へ送付中であり、代金返金と書面で回答をすると言った
しばらく待ってくれと
私はこの時の事務の方の名前を忘れてしまった


その時とはセット内容が異なるが、同じ物
髪の毛が入っていたのと同じみちのくヨーグルトセット


さあ、待てと言われたから素直に待っていた
年末を過ぎ、正月を過ぎ、節分を過ぎ、春分の日を過ぎ、みどりの日を過ぎ
この間ずっと、生協では「みちのくヨーグルト」は販売され続けている

2018.05.24 木曜日
いいかげん返事が来てもいいでしょうと思いながら、やっと生協へ電話してみる

なんと!
なんと!
記録に残っておらず、返金もされていない
当然、相手の工場にも伝わってないって

はあ・・・・???????

おまけに回収した担当者がいないとか、わけわからんこと言うし
でも今配達してくれているお兄ちゃんだと伝えると、それならばちゃんと返事ができると言う

そして返ってきた返事は、返金処理をしました、なぜこんなことになってしまったのかわからない状態で、すみませんと
工場からの返事は、いかに衛生に気を付けて管理しているかという内容
でもあきらかに生産時の不具合であったと
以後、今以上に気を付けてまいりますというもの

再生紙の印字2枚の書面だけ

これで終わり




私、いちゃもん付けたって思われている?



37歳に

おめでとう

いつもいつも想っている
かあさんひとりで

そっちに逝ける日を楽しみに待ちながら



もう 37歳になったんだ
もう
もう 37歳



長女の37歳のお祝い


お供えのクリケットのフルーツゼリーとさくらんぼとメロンとスイカ


クリケットのオレンジフルーツゼリー

お砂踏み

京都東寺食堂お砂踏み

妹と京都へ
東寺食堂のお砂踏みに

以前から四国霊場八十八ヵ所のお参りをしたいと思っていたが、お遍路なんて私の体では到底無理
ずっと思いだけはあった
時々、色んなところでお砂踏みが行われていることを見聞きしたが、なかなか行けず、そんな時に東寺の弘法市21日に毎月お砂踏みが行われていることを知った

受付をし、納め札をもらい、その中の一枚に住所氏名を書き、弘法大師像(最初)に納め、八十八ヵ所のお砂を踏みながら
お念仏を唱え、お札を奉納し、回る。高野山奥の院(最後)で終了

私の体にはきつかった
休み休み、シルバーカーに座りながら、やっとの思いで回りきれた

娘たちが安らかでありますように
娘たちが早くお迎えにきてくれますように
と祈りながら


お砂踏みのカードとお供えする念仏

京都東本願寺、御影堂前から阿弥陀堂、京都タワーを望む

お東さんへもお参り
足の裏のおできが痛くて、靴を脱いで歩くことができなかったので、妹にお参りしてもらった
私は、御影堂の正面でお参り


いいお天気だった



お昼に伊勢丹11階でお寿司のランチ
おかしなことに、握り寿司の最初に食べたものと最後に食べたものが妹と同じ
やっぱりどこか似ているんだ






ハルが居た時は気軽に高速走って京都へ行けてたのに、もう今じゃ無理
あれこれ考えてしまう
一人じゃ大変すぎて・・・



好きな色

紫色の花の入ったバーバリウム


いつもありがとう
こんな私にも毎年母の日がやってくる
親友のお心遣いに感謝
ただ 感謝


桜と紫色のバーバリウム

春生きて

肩が痛い
治療して神経のない歯が痛い
ふぅ~ 
リウマチが寛解でも痛みはある
絶えずどこかが痛い
やな奴



2018.03.07 大垣市民病院泌尿器科受診
年一回の経過観察
CTとレントゲンを昨年の物と比較して、変わらないねと。
でも右腎臓に5~6ミリの石が二つあることが分かった
時々、鈍い痛みが続くこともある
やり過ごしているうちにその痛みは消える
また、一年後に。



通院の途中で満開の桜を見た
ハルと一緒に毎年見ていた桜を車を走らせながら

我が家の桜は青い実をつけている
マックスと我が家の桜



七回忌を終えて、私の一年はすでに終わったような気がしている
何をするでもなく
何かをしたい訳でもなく
ただ生きているような















あぁ、娘と一緒に居たい






プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード