次女 六回忌 五回目の命日

たくさんの命日のお供え、ひまわりのアレンジフラワーなど

貴女の大好きなオムライスとロールキャベツ
まだ、作れないでいる
ホント、大好きだもんね
だから
まだ、作れないまま

娘の親友たちが、お休みを取ってお参りにきてくれた
可愛い一歳の子も
あの日からまる5年という年月の流れ
そういう時間なんだ

もう一人は、仕事が終わってからお参りに来てくれた
遅い時間まで毎日仕事していて、それでも時間を作ってくれて

私は、娘の友達に支えられている
いつも気にかけてくれている
娘の話ができるのが、嬉しい

夜、ちょっと娘の保育園時代の話をした
年少さんで入園し、暫くして登園時に大泣きをするようになった
その頃は長女の入退院があった時期
ずっと寂しい思いをさせていた
長女が年中さんで通園できる時には、やんちゃ次女は自分のクラスにいないで、長女のクラスで給食を食べたりしていた
そうすると、今度は長女が、次女が自分の傍に居なくて他のお友達と一緒にいると言って泣いていた
そんなことを思い出した




カサブランカの花束

お供えにいただいたカサブランカ
元気出していっぱい食べてねって果物を送ってくれた友
大好きなメロンも
ひまわりのアレンジも
可愛いアレンジフラワーも
コーヒーの蝋燭もいただいた

みんなのお気持ちがありがたくて、ありがたくて



桜の膨らんできている花芽

我が家の桜、花芽が膨らんできている
これから六年目を生きていく、私







ここから2枚の写真は、オーブが写っています


ふと思うと、娘の気配を感じなくなっていた
シャンプーの匂い、二階から漂ってくるたばこの香り
写真にオーブが写らなくなった
それらを感じなくなった頃から、夜眠れるようになった
ずっと寝られなかったのに、いつの間にか眠るようになっていた

だけど、年が明けて、1月の末から命日にかけて、どんどん私の心が重くなっていく
まただんだん寝られない日が続き、2月の末には酷い眩暈を起こし、体調不良のまま

少しは前向いているかなって思ったけど
頭は騙せても心は正直

だから 娘が居てくれる
ここにいてくれる
私のそばにいてくれる




命日の座敷の写真


命日の座敷の写真

ぷーさんの千羽鶴

遺影の下に吊るしたぷーさんの千羽鶴

やっと完成
50羽づつ糸に通して20本
でもね、長さが違うの
なぜかって
リウマチ患者と健常者の違いかな
ぎゅっと締まっているのは、妹
長めなのは、私

折り鶴も5人の手を借りたから
どことなく、それぞれで

ぷーさんの千羽鶴


ありがとうございました

最近は

ぷーさんの千代紙でつるを折る

三月の命日に向けて千羽鶴を折っている
娘の親友や妹にも手伝ってもらって
あと少し

このぷーさんの千代紙、千羽鶴用の折り紙よりひとまわり小さく(6cm×6cm)、厚い
私にはとても折りづらい
でも完成させる


折りあがった鶴



2017.01.30
骨粗しょう症治療薬がプラリアからボンビバ静注に変更になった

プラリアが効いていないわけではないが、一応三年が目安らしい
海外では5年以上の使用もされているらしい
ボンビバは、股関節により効果があるとのこと
目安は三年
4週に一回の静脈注射



2017.02.02
友が電車に乗って会いに来てくれた
昨年末に買い物に付き合ってもらうはずだったけど、私の風邪でキャンセル
美味しいもん食べて、別腹のケーキも食べて、いっぱいおしゃべりして

友の気遣いがとてもありがたかった
ありがとう、会いに来てくれて
ありがとう






17才のハルへ

お気に入りのハルの写真

ケンタッキーフライドチキンでお祝いだよ
よぼよぼになってもまだ生きていてくれると思ってた
ハル、お姉ちゃんのとこで元気にしてる?


あのね、
あきさんに新しい相棒ができたんだよ
バルダーと言う名前の雌のワンちゃんだって

ワイズもスイフトもきっと安心してる
よかったね




*******************************

先月は風邪をひいて、友に会う約束を果たせなかった


母の年賀状を作っている最中にプリンターが壊れ、買い替えかと思ったが幸いに修理で済み、メーカーの手配により梱包も宅配業者がやり、木曜に出して日曜に戻ってきた



年が明けて、元旦の朝、旦那の「餅四つでいいわ」という声に起こされ、最悪の朝を迎えた
体を悪くしてから雑煮はお昼に焚いている、ずっとそうしてきた
なのに、馬鹿野郎!!!
だから、心穏やかにと願っている
心穏やかに過ごしたいと願っている



そして、カローラフィールダーのタカタのエアバックの二回目のリコールの案内が来た
またリコールだって
きちんと修理完了、洗車して返してもらえた


そして、また風邪ひいている



心静かな一年に

ハルと酉年のぷーさん

年頭の挨拶もなし
年賀状もなし
お返事も出していません

皆さま、申し訳ありません




心穏やかに
心静かに

年女の長女、36歳に




ありがとうございました

お供えのアレンジフラワー

娘の親友たちがお参りに来てくれて

時の流れを感じながら

みながそれぞれ幸せでいてくれたら、それだけで幸せ


お座敷の様子



ぴょんじさん、ハルのカレンダーをありがとうございました
また一年をハルと過ごせます

カヤさん、手編みの手袋ありがとうございました







みなさま、どうぞ 良いお年をお迎えください
ありがとうございました

34歳 HAPPY BIRTHDAY

白いぷーさんのもっちぃもっちぃのぬいぐるみ


お誕生日おめでとう


高山トランブルーの和栗のデニッシュ


ニューヨークグラマシーの栗のロールケーキ


お供えのメロンやバトンドールのポッキー



お祝いのお供えがいっぱいだよ

一緒に行くことがかなわなかったトランブルーの和栗のデニッシュ
ニューヨークグラマシーの栗のロールケーキ
お友達が送ってくださったメロン
バトンドールのポッキー

白いもっちぃもっちぃのぷーさんもね




おめでとう






ちょっとだけ変化

日々、何をしているという訳でもなく
でも、何かしらやっているけど
これというものは、何もなく
ただ一日を送っているというのが、今の私かも

相変わらず、歩くのも難儀
日々の買い物すら行きたくない
何件もの用事を一度に済ませるのは、至難の業
名古屋あたりへ買い物に行きたくても、到底一人じゃ無理
だんだんとそういうことも思わなくなってきて
何日も家に引きこもりでも苦にならなくなってきている

左股関節は、痛みを増してきているし
足の裏のタコのようなものも痛いままだし
手術してきれいになったはずの手指、足指は、とっちらかっているし
足の爪は、妹にきってもらわないと自分では無理だし
腰椎圧迫骨折の箇所は、ゆがんで出っ張ているし
自分の体が、不快すぎて嫌になる

でも、なんだかんだとやっている


段差のある玄関への入り口

お盆過ぎに、この入り口の段差で転んだ
ちゃんと段は上がったはずなのだが、なぜかふわ~と倒れた
なので下の写真のように、完全バリアフリーではないが、今の自分の状態にマッチした工事にした
二段の階段は四段にし、手すりを付け、コンクリの部分はゆるやかな傾斜にし、タイルを貼った

工事完了後の玄関への入り口





この娘のiPhoneともお別れした
5年半以上使い続けて
アップルのサポートも終了してしまい
不具合だらけのiPhone4

きっと娘もゆるしてくれるよね

アイフォン4

向き合うこと

2016081600.jpg

今年のお盆は、心静かに過ごす
静かな時間があった

娘たちの大好きな物をお供えに持ってきてくれた

今は、こういう時間が幸せ







2016082200.jpg

ずっとずっと逢いたくて
やっと心がやすまる時間を持てた

娘の話をすると、今でも一緒に涙ぽろぽろ
何にも言わず
ただ
心を察してくれる友のそういう気遣いがありがたく

私のそばには、私の心をわかってくれる友がいる
娘のように気遣ってくれる娘の親友がいる 
それが、私の救い



うみちゃんに会えたのも嬉しくて
帰り、大きく、大きく、手を振ってくれてた友
なんだか胸がじーんとなって



逢えてよかった







60本の薔薇 

60本の真紅の薔薇




甥っ子の娘のプレゼントの赤い花束



還暦祝いの赤い肌着


ここにきて、今、胸の中にいっぱいの後悔と悲しみを抱え、それでも生きている、ただ生きている自分

この先もこうやって、こんな思いがあふれるままに、ただ生きていくのだろう、私

友が、娘の親友が、甥っ子たちが、妹が、優しい心を寄せてくれる

感謝と共に、そういう気持ちにどう応えていけばよいのかわからずにいる

でもそういう気持ちに支えられているのも確かなこと

一人になって、それでも一人じゃないとわからせてくれる



なんかつらいな~
とてつもなく つらい





プロフィール

halかあしゃん

Author:halかあしゃん
かあしゃんのひとりごと。
おっさんワンコと暮す毎日。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
RSSフィード